新卒者の声

GRADUATE VOICE

諸寄 英久(株式会社真心堂 代表取締役 令和2年度卒会)

 在籍7年という時間の中で、多くの先輩方、友人達に何物にも代え難く多くの貴重な経験と友情をいただきました。また、4度の役員も経験させていただき、大変なことの連続でしたが、大変貴重な経験と学び成長を得られました。在籍中は常に会と仲間のことを考え行動してきたつもりです。その姿勢が自分自身の成長に大きく役立ったと実感しています。支えてくださった先輩や仲間達、本当にありがとうございました。


八木谷 勇二(有限会社八木谷生花店 専務取締役 令和2年度卒会)

 「出会いと学び」平成19年に入会し、あっという間の13年間でした。この13年間に多くの先輩方や後輩の皆さんと関わることができ、私自身とても勉強になり成長の場となりました。青年中央会は、沢山の出会いの中で人とのつながりを大切にし、経営の学び、上下関係の学び、礼儀作法、お酒の楽しみ方など、自分自身の目標を明確に立て、それに向かう場が青年中央会だと思います。皆さんお世話になりありがとうございました。


谷口 隆之(やまこう建設株式会社 本店営業部 課長 令和2年度卒会)

 35歳の時に入会して10年。入会した頃は、面白い・楽しいという感覚はなく、只々、木曜日に決められた場所に行く。というような感じでした。役員を受けてから毎回参加することで、多くの会員と会話をして一緒に例会をこなす事で信頼ができ、仕事を頼む、頼まれる仲にもなりました。今では青年中央会に入会し卒会する事が自分への大きな糧となったと思います。現役会員の皆さん、終わってみればあっという間です。現役時代をしっかりと楽しんでください。


林 正太郎(株式会社鳥取メカシステム 代表取締役 令和2年度卒会)

 20年の長きに渡り、OBの皆様をはじめ、皆様には本当にお世話になりました。私をここまで育てていただきました。たくさんの仲間に感謝感謝です。役員も何度も経験させてもらい、その度に幾度となく壁にぶち当たりました。でも不思議と辞めたいと思ったことはありませんでした。なぜならそこには苦労を共にする仲間がいたから、励ましてくれる先輩たちがいたからです。青年中央会での経験は私の一生の宝となりました。本当にありがとうございました。


山田 学(有限会社ハンプス ディレクター 令和2年度卒会)

 平成20年、第34期7月入会から気が付けば丸13年お世話になりました。入会当時はまだ右も左も分からない若輩者でしたが先輩方の背中を見て多くのことを学ばせて頂いた事を昨日のことのように思い出します。在籍中は役員という貴重な経験を頂き組織の役割の大切さなど多くの気づきを頂きました。尊敬できる多くの先輩と信頼できる多くの仲間たちと過ごした青年中央会は私の誇りであり、宝です。長い間皆さん大変お世話になりました。


砂原 亜希子(BAR虹 代表 令和2年度卒会)

 短い期間の在籍でしたが仲良くしていただいた皆さまありがとうございます。特に思い出深いのは上田委員長のサバイバル委員会です。フラワーや体育祭、打上旅行など思い出すと胸熱です。中央会で出会えた大切な友達ができたことは本当にありがたく思っています。最後に現役会員の皆さん、楽しく無理なく自分のできる範囲でこれからも頑張ってください。たまには美味しいワイン飲みましょうね。


妹尾 範康(株式会社LASSIC 地域振興部 マネージャー 令和2年度卒会)

 私が感じた中央会の魅力は、尊敬できる人との出会い、励ましたり応援してくれる人との出会い、価値観が違う人との出会いです。そこに尽きます!中央会で出会った先輩や仲間からいただいた知恵、お互いを信頼しあえる勇気は、ビジネス局面において参考になり、自身の成長に大きく影響したと思っています。皆さんも仲間を尊敬し、成長の場として、ビジネス発展のヒントの場として有意義に過ごしてください。今後、益々のご活躍をお祈りいたします。Ci vediamo!


亀木 理加(ナイト・ラウンジ アール 代表 令和2年度卒会)

 中央会に入って13年、沢山楽しいことがありました。良い思い出になりました。初めは人見知りでどうなるかと思いましたが、皆さんの優しさが今であります。とても楽しい中央会活動になりました。今は寂しい気持ちです。皆さんありがとうございます。これからも応援していますので頑張ってください。


山根 克仁(株式会社ヤマネ機材 営業部 部長 令和2年度卒会)

 今までお世話になりました。おかげさまで楽しい日々を過ごすことが出来ました。私が感じた中央会の良いところ「自分の考え以上の意見が出てくる」「一緒にいて楽しい」「たくさん学べる」などたくさんあります。現役の皆様には、このような良いところを伸ばすためにはどのように行動するかを考えて活動して頂きたいです。仲間からいろいろ吸収してみんなで成長していきましょう。今までありがとうございました。


坂本 憲一(株式会社パレット 取締役 営業部長 令和2年度卒会)

 卒会を迎えるにあたり、これまでの期間長かったような短かったような不思議な感覚になります。様々な活動を通じてたくさんの方に出会い、それぞれの価値観、考え方に触れ、自分の器や尺度は小さなものだなと感じました。これまで数多くの学びを得られたのは、会の活動や講師のみならず、会員の皆さんの言動や物事へ向かう姿勢、個々の良い一面を見ることからも多かったと思います。出会ったすべての皆様ありがとうございました。


小林 浩(鳥取ガス株式会社 課長 令和2年度卒会)

 在籍期間5年、非常に刺激的で濃厚な時間を過ごさせていただきました。入会当初は全く知り合いがいなくて緊張しまくっていましたが、今ではたくさんの友達ができ楽しんで参加できるようになりました。個性あふれるたくさんの友達との繋がりを作ってくれた中央会に入会できたことに感謝しています。コロナ禍で思うように活動できず寂しさが残りますし、卒会してからも何かあれば誘ってください!仲良くしてくれた皆さん、ありがとうございました。


細田 浩史(にこにこ渡船 代表 令和2年度卒会)

 「知らない世界を見せてもらえて感謝」毎日同じ景色を見て仕事をしていた自分にとって中央会は知らない世界ばかりで全てが新鮮で勉強になりました。入会当初は場違いな場所に来てしまったと後悔しましたが、気さくに話しかけてくれて仲間にしてくれて、感謝しかないです。入会前に最低3年はいないと、と言われた意味がやっと分かりました。もっと早く入会し学び、時間や気持ちにゆとりを持ってたら中央会の活動にも参加できたのにと後悔もありますが、いろいろなことを学ばせてもらい感謝しています。ありがとうございました。


福田 敬也(株式会社アドバンスコーポレーション 専務取締役 令和2年度卒会)

 在籍は7年と数ヶ月とさほど長くはありませんが、入会早々に入院したりその間に年度が変わったりと振り返れば何かと慌ただしい入会当初でした。自分なりに入会するからには委員会と例会は欠席せず、その後の飲み会などにも極力参加するようにしたお陰で、次第に仲良くしていただける会員の方も増えていき、そんな中で仕事を頂く事もあり、卒会しても中央会を通じて知り合えた会員の方たちとも繋がっていける機会もできて、充実した現役生活を送らせて頂き一生の財産となりました。


山本博文(有限会社DaLion 次長 令和2年度卒会)

 中央会をただボォーッと過ごすのはもったいない。楽しめる時間は限られています。何事にも全力で思いっきり取り組んでください。実りある中央会生活を送れるよう、祈っています。


霜村亮介(株式会社FPシモムラ 代表取締役 令和2年度卒会)

 青年中央会に入会し、はや10年。この度、卒業を迎えることができました。入会当時は、独立して会社を立ち上げたときだったので、出席するのも大変でした。中央会の存在意義がよく分からなかった私の考えが変わったのは、役員の任務を仰せつかってからでした。ぜひ現役会員の皆様も声が掛かったら引き受けてみてください。きっと貴重な経験ができることでしょう。青年中央会の益々のご発展をお祈り申し上げます。ありがとうございました!

△ページの先頭へ